講演録『向日庵2』

表  紙
目  次
はしがき
文化遺産としての向日庵一過去を見つめ、未来を見すえる「開かれた場」
甲南大学文学部教授 中島俊郎
寿岳文章からはじまる杉原紙の里
多可町立那珂ふれあい館館長 安平 勝利
寿岳文章の和紙研究と寿岳文庫の資料について
杉原紙振興ボランティアの会代表 山仲 進
正倉院の紙と昭和の調査
公益財団法人紙の博物館前学芸部長 辻本 直彦
和紙の調査分析に秀でた人物
東京都市大学名誉教授(文学博士) 河野 悟吉
河井寛次郎著詞編「いのちの窓」に依り寛次郎の思い、願いに迫る.
河井寛次郎記念館館長 河井 敏孝
寿岳文章の生きた軌跡と新村出
新村出記念財団重山文庫 新村 恭
昭和初期の向日町と文化人
向日市文化資料館館長 玉城 玲子
【会員研究発表】『和紙研究」解読
京都工芸繊維大学非常勤講師 紙漉き師 田村 正
あとがき
裏表紙

敬称略

ページ上部へ戻る