講演録『向日庵1』

NPO法人「向日庵」の前身にあたる研究会「寿岳文章一家の業績を調査研究する会」は、7回にわたる講演会、研究会を催し、その成果として小冊子『向日庵1』を発行しました。さらに、「調査研究会」はNPO法人「向日庵」に引き継がれ、その活動報告は講演録『向日庵2』、『向日庵3』が編纂されました。(敬称略)

表  紙
目  次
はじめに
「近代住宅史から見た壽岳文章邸一一壽岳邸の建築史的価値について」
京都市文化財保護課 石川祐一
「ウイリアム・ブレイクの人と芸術」
京都市立芸術大学名誉教授 潮江 宏三
「民芸運動における寿岳文章先生の貢献」
関西学院大学教授 神田 健次
「寿岳章子先生の学問と著作、その他」
京都府立大学教授 赤瀬 信吾
「寿岳文章・しづ夫妻が問いかけたもの」
甲南大学教授 中島 俊郎
「壽岳文章先生、和紙文化国際化への貢献」
和紙造形作家 伊部 京子
「寿岳潤氏の思い出」
京都大学名誉教授 今井 六雄
あとがき
裏表紙

⇒「向日庵2」

ページ上部へ戻る